̄Ωに布をかける。
うしろは腰くらいの長さ。 長い方を前から股の間をぐらせる。
ねじりながら前に。
ぢ海韻討佑犬蠅覆らうしろに持っていき左のひもに仮かけしておく。 ジの布を下におろし、横をピンと整える。
ΔΔ靴蹐砲ぐらせる。 Р召けのひもにねじりながら巻きつける。 【ポイント】端っこは、ねじってあるひもを広げてねじ込む。
できあがり!!
まつりのいろは
はちまきの巻き方
「くわがた」
「ねじりはちまき」
「喧嘩かぶり」
「元気はちまき」
わらじのはき方
六尺ふんどし
おびの締め方
「貝の口」
ももひきのはき方
トップページを開く